ANA×キャンピングカーによるリモートワーク実証実験を開始

業界ニュース キャンピングカー

九州周遊観光活性化コンソーシアム(代表機関:トラストパーク株式会社 本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:山川 修)は、ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野坂 真哉)と全国にWi-Fi対応自販機を展開しているテルウェル東日本株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三和 千之)と連携し、総務省「IoTサービス創出支援事業」シェアリングエコノミー型九州周遊観光サービスモデル事業等で整備したWi-Fi環境がある車泊スペースにおいて、ANAとテルウェル東日本が連携して都内在住者からモニターを募り、「ホテルの寝室空間」をコンセプトとしたキャンピングカー(開発:株式会社RVトラスト)で移動・滞在しながらリモートワークを行う実証実験を行う。

この取り組みは、遊休地や不稼働時間帯の駐車場等に観光拠点として整備・展開している車泊スペースを今回はワークスペースとして提供し、これまで仕事で行く可能性のなかった地域にキャンピングカーで移動しながら働くことによる効果や関係人口の増加、地方移住の促進に繋がるかなど、東京在住者から見た地方の可能性をモニター検証するもの。

実証期間は2019年6月1日~6月30日。車泊場所は福岡県三潴郡大木町「道の駅おおき」、熊本県玉名市「草枕温泉てんすい」、熊本県球磨郡錦町「道の駅錦」、長崎県島原市「島原城」で、車泊スペースにはWi-Fi、100V電源(使用可能時間は地域で異なる)、防犯カメラを設置。またキャンピングカーはRVトラストのTR500 C-LHが使用される。

・九州周遊観光ポータルサイト
https://kurumahaku.jp/pages/rvparksmart/

おすすめ記事