シャトルがマイナーチェンジ 上質感を追求し内外装デザインを刷新

自動車 新車情報

ホンダは5月10日、コンパクトステーションワゴン「シャトル」の内外装デザインを刷新するとともにさらに機能を充実させ、同日から販売した。

今回のマイナーモデルチェンジでは、より上質感を追求し内外装デザインを刷新。エクステリアは、低重心でワイドなスタイリングを目指して前後バンパーとフォグライトの形状を変更。さらに、テールゲートとリアコンビネーションランプのデザインを一新し、リアビューのシャープさを際⽴たせた。また、アウタードアハンドルをはじめ、フロント・リアバンパーまわりやサイドシルモールなど随所にクロームメッキパーツを配し、上質感も追求した。

 

一方、インテリアには、光沢感のあるピアノブラックを採用。さらにシートデザインを刷新するとともに、新たに本革シートを設定し、質感を向上。また、リアセンターアームレストへのカップホルダーも追加し、使い勝手も高めている。

このほかにも、防音材を見直し静粛性を向上させるとともに、先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」にオートハイビームを追加する など、さまざまな領域で魅⼒を高めた。価格は177万5520円から272万1600円(4WD含む)。

おすすめ記事