フィアット・500X、エクステリアを刷新し、パワーと燃費を向上した新世代エンジンを搭載

業界ニュース 新車情報

FCAジャパンは、フィアットブランドのクロスオーバーモデル「500X」を一部改良し、5月18日から発売する。一部改良された500Xは、フロント・リヤのデザインを刷新するとともに、フィアット初採用となる新世代エンジンを採用し、その魅力を一段と高めている。

エクステリアは前後バンパーのデザインを改め、SUVらしい力強さを強調するクロススタイルを表現。新デザインのヘッドライトはLED化され、デイタイムドライビングライトとポジショニングライトを上下で分割し、「500」のロゴをモチーフにしたユニークなものとなっている。

エンジンはフィアット初採用となる新世代のオールアルミ製直列4気筒1.3?ターボを搭載し、デュアルクラッチ式6速ATとの組み合わせ。駆動方式はFFのみとなる。従来の1.4?ターボから排気量は減少したが、燃焼室形状の最適化や、独自技術であるマルチエアを進化させることで、最高出力は従来比11PS増の151PS、最大トルクは同20Nm増の270Nmを発揮する。燃費も従来に比べて約10%向上(欧州計測参考値)を果たしている。

また、7インチタッチパネルモニター付のインフォテインメントシステム「Uコネクト」を採用し、レザーステアリングホイール、前席シートヒーター、デュアルゾーン式フルオートエアコンといった快適性を高める装備も充実。さらにクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報、車線逸脱警報、リヤパーキングカメラ等の安全装備を全車に標準装備した。さらに、上級タイプの500XクロスはLEDヘッドライトやレザーシート、パドルシフト、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター等を標準装備する。

【価格】298万円~334万円

おすすめ記事