プジョー308に最新1.2Lガソリンエンジンと8速ATを導入

新車情報

プジョー・シトロエン・ジャポンは、主力ハッチバックのプジョー308に新型ガソリンエンジン、新型8速オートマチックなどを搭載し、5月7日より発売した。さらに運転支援機能やアクティブクルーズコントロールを標準搭載した特別仕様車308 GT Lineも設定した。

新搭載されたエンジンは3気筒1.2?ガソリンエンジン(EB2エンジン)で、新しい欧州環境規制EURO6.2に対応すべく、各部に改良がほどこされたもの。新しいインジェクションシステムを採用し、パフォーマンスを維持しつつ、さらなる排ガス基準に対応するために燃料噴射ポンプの圧力を250バールに高めたほか、センサーを2つに増強しガソリン専用のGPF(Gasoline Particle Filter)を採用。またターボチャージャーは電子制御式に変更している。

トランスミッションは、先行して308のディーゼルエンジン搭載モデルに採用された新世代電子制御8速オートマチックEAT8を新たに搭載。これによりプジョー308はスポーツモデルのGTiを除く全車がパドルシフト付8速ATとなった。

この8速ATは「エコ」「通常」「スポーツ」の3つのドライブモードが選択でき、特にエコモード時は新しく搭載されたフリーホイール機能により、走行条件が合えばアクセルオフ時にクラッチを切り燃費改善を果たす。

燃費は308 Allure、308 SW Allureともに17.0km/?(JC08モード)、15.6km/?(WLTCモード)。その他、アクティブクルーズコントロールを全車標準装備し、Peugeotミラースクリーン(Apple? CarPlayに対応)を搭載している。

価格は5ドアHBの「308 Allure」が283万9000円、4ドアSWの「308 SW Allure」が308万7000円、5ドアHBの特別仕様車「308 GT Line」が308万9000円。なおSWのパノラミックサンルーフは11万円の有償オプションとなる。

おすすめ記事