【東海・北陸編】RVパークで快適・安全な車中泊を楽しもう!編集部おすすめRVパーク

レジャー キャンピングカー

日本RV協会が、全国各地に設置を推進するRVパークは「より安全・安心・快適なくるま旅」をコンセプトとし、キャンピングカーオーナーをはじめとする車中泊ファンに向け、道の駅や旅館、ホテルなどの駐車場の一画に設けられた車中泊専用のエリアのこと。そのエリアでは一般的な駐車場に比べるとゆったりとしたスペースが確保されており、一週間程度の滞在も可能だ。設備面では24時間利用が可能なトイレ、ごみ処理や電源設備を備えるほか、近くに入浴施設があったり、中には入浴施設を併設するRVパークもある。そこで、今回は全国で100カ所以上の中から、編集部お勧めの東海・北陸地方のRVパークをピックアップして紹介。今月末からの大型連休はRVパークを拠点とした旅のプランづくりはいかかだろうか。

■RVパーク上之保温泉 ほほえみの湯

清流「津保川」を望む見晴らしの良い高台にあり、周辺には自然豊かな山に囲まれた場所に立地。隣接した「関市上之保温泉ほほえみの湯」には清流津保川を眺めながらの露天風呂や高野槇の「木の風呂」、御影石と石英石張りの「石の風呂」など、効能豊かな温泉で心身のいやしの場に最適だ。また、飲食休憩棟には、地元の食材を生かしたお食事が楽しめる「御食事処ほほえみ」をはじめ、畳の部屋でのんびりとくつろげる休憩室なども完備する。

 

▽利用料金=2160円▽チェックイン当日10:00~20:30/チェックアウト 翌10:00▽利用期間=通年▽利用可能台数=5台▽URL=http://hohoeminoyu.jp/

■RVパーク静岡

東名高速・吉田ICから約20分、富士山静岡空港から約30分の場所に立地。犬と一緒に散歩ができる14.3ヘクタールの花と緑に囲まれた吉田公園、自転車でのんびりとサイクリングができる大井川リバティマラソンコースも近くにあり、愛犬家やサイクリストにおすすめのRVパーク。さらに、隣接する入浴施設は、RVパーク利用者は一度入浴料を払うと当日何度でも入浴可能で、岩盤浴1800円(土・日・祝1900円)を500円引きの1300円で利用できる。

 

▽利用料金=1500円▽チェックイン当日10:30~22:00/チェックアウト 翌11:00▽利用期間=通年▽利用可能台数=13台(トレーラー利用不可)▽URL=http://rvparkshizuoka.wix.com/rvparkshizuoka

■RVパーク 津ぅ

伊勢自動車道・津ICから約15分、津駅から5分の場所に立地し、鈴鹿サーキットは約30分、ナガシマスパーランドと伊勢神宮までは約60分と、観光の拠点としても使える。周辺には商業施設やコンビニ、銭湯も多数あり、敷地内にはコインランドリーを併設。さらに、シャワーやダンプ施設は利用料金に含まれているのもポイント。また、近隣海岸では釣りや潮干狩りを楽しめる。

 

▽利用料金=2000円(電源有)1500円(電源無)▽チェックイン当日7:00~19:00/チェックアウト特になし▽利用期間=通年▽利用可能台数=電源有5台、電源無5台▽URL=http://rvp-tsu.asobiya.club/

■RVパーク 立山ライチョウ谷

立山山麓スキー場らいちょうバレーエリアにある浴場炊事場を備えたマイカー向け滞在型施設「たびぐるまステーション立山山麓」内に誕生したRVパーク。雪が無いシーズンはあたり一面が緑一色となり、レジャーやスポーツ、ヒーリングに最適な環境となる。北アルプスを貫き、富山と長野を結ぶ山岳ルートの立山黒部アルペンルートの富山側の玄関口近く位置する風光明媚なロケーションだ。

 

▽利用料金=1500円▽チェックイン当日13:00~/チェックアウト 翌10:00▽利用期間=通年▽利用可能台数=4台▽URL=http://rv-park.jp/park/119

■RVパーク 道の駅のと千里浜

のと里山海道千里浜ICや国道415号からアクセスしやすい場所に立地。また、近くには日本で唯一、車で走れる砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」や北陸唯一の五重塔がある妙成寺等の観光地を有する。農水産物販売施設では、農薬や肥料、除草剤を使用しない自然栽培農法で育てられた安心安全な農作物や、加工品等を中心にこだわりの商品を取り揃えている。また、簡易洗車施設や足湯施設も完備する。

 

▽利用料金=2000円▽チェックイン当日12:00~/チェックアウト 翌11:00▽利用期間=通年(水曜定休、年末年始を除く)▽利用可能台数=4台▽URL=https://noto-chirihama.com/

ここで紹介しているRVパークはほんの一部だけ。これ以外にも全国各地に魅力あるRVパークがあるので、ぜひ活用してみよう。詳細はRVパーク公式サイト(http://rv-park.jp/)まで。

地方別の編集部おすすめRVパーク

【九州・沖縄】

【四国】

【中国】

【近畿】

【甲信越】

【関東】

【北海道・東北】

 

おすすめ記事