レーステクノロジーでさらなる深化を果たした「NISSAN GT-R 2020年モデル」や生誕50周年記念モデルを公開

新車情報

日産自動車は4月17日、本年6月に発売予定のNISSAN GT-Rの2020年モデルと、生誕50周年を迎えるNISSAN GT-RとフェアレディZの限定モデルを公開した。GT-Rの2020年モデルは、妥協することなく速さの質を追求し、加速やハンドリングにレース技術が惜しみなく投入されている。

■NISSAN  GT-R2020年モデル

GT─Rは〝いつでも、どこでも、誰でも〟最高の喜びと経験を提供できる、圧倒的な性能を誇るスーパースポーツカーとして開発され深化を続けてきた。

2020年モデルでは、まず1台ずつ手組されるV型6気筒3.8ℓツインターボエンジンに、GT-Rニスモに採用されたターボレスポンス向上技術、アブレダブルシールを採用した。これはレース用のターボに採用されている技術で、吸入した空気の漏れを最小限にすることで、ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現した。

またATは、街乗りからサーキットまであらゆるシーンで最適なギヤを選択し、エンジンパフォーマンスをより堪能できるよう、Rモード専用のアダプティブシフトコントロール(ASC)のシフトスケジュールをよりアグレッシブに設定。特に、コーナー進入時のブレーキングでは、積極的に低いギヤ段を選択し、より鋭いコーナー進入と再加速時の駆動レスポンスを向上させ、より鋭いコーナー加速を実現する。

 

また、職人が一つひとつ手作りで加工した青く輝くチタン製のエキゾーストフィニッシャーを採用し、よりスポーティな印象を与えるマフラーと新デザインのホイールで2020年モデルの存在感を際立たせている。

【価格】ピュアエディション=1063万1520円▼ブラックエディション=1253万9880円▼プレミアムエディション=1210万5720円

■NISSAN  GT-R  NISMO  2020年モデル

ハイスペックバージョン、NISSAN GT―R NISMOの2020年モデルも公開された。

車両全体では、重心点から遠いルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン材を使用し、車両を軽量化、コーナーリング性能を向上。特に、ルーフ部のカーボン材は、より低比重の材質を挟み込む構造を採用。こうした軽量化の積み重ねで、外装部品で10.5㎏の軽量化を達成した。

GT3マシンを彷彿とさせるフロントフェンダーのエアダクトは、エンジンルームからの排熱に加え、エンジンルーム内の内圧を下げエアダクトの排出風によりフェンダー外表面の流速を下げることにより、表面リフトを減少させフロントタイヤのダウンフォースを増加させる効果をもたらすという。

 

ディスクブレーキローターは、新開発で世界最大級のサイズを誇るカーボンセラミックタイプ。世界トップクラスの制動力はもちろん、サーキット走行環境での効きの良さと、一般道でのコントロール性を両立。ローターの大径化に合わせた専用高剛性キャリパーと、新摩擦材のブレーキパッドも採用された。

足元は軽量かつ高剛性な鍛造アルミホイールに、ハイグリップゴムを採用し走行中の接地面積を最大化したタイヤを装着。これに伴い電子制御サスペンションのセッティングも変更し、路面をより確実に捉え、凹凸に応じタイヤのグリップを最大限使用することが可能となった。この2020年モデルは、5月中旬より先行予約受付を開始する。

■50th Anniversary

[NISSAN GT-R]

2020年モデルのプレミアムエディションをベースに、日本グランプリシリーズで活躍したスカイラインGT─Rの外観をモチーフとした、ツートンカラーの外観色の組合せを象徴的に取り入れた。

内装は、ミディアムグレーの専用色に、上質なセミアニリンレザーを使用。シートサイド部にはわずかに明るいグレーを採用し、記念車に相応しい高級感あふれるキャビンとした。
【価格】1319万2200円~1351万6200円

[フェアレディZ]

記念車は、1970年にアメリカの国内レース優勝車のデザインを再現。ホワイトパール+レッド、シルバー+ブラックという2種類の車体色を設定。足元はリムに赤いラインを追加した19インチアルミホイールを採用した。

内装はセンターストライプを施したアルカンターラ表皮のステアリングホイールの他、専用色のシフトノブ、専用ステッチのパワーシートやドアトリムを採用した。このモデルは、2020年3月末までの期間限定モデルとして、今夏に発売予定。

 

おすすめ記事