アイシングループ、ソフトフェア開発の強化に向けACCとAW-SWの経営統合に基本合意

業界ニュース

アイシン精機株式会社(本社:愛知県刈谷市、 社長:伊勢清貴)とアイシン・エィ・ダブリュ株式会社(本社:愛知県安城市、 社長:尾﨑和久)、アイシン・コムクルーズ株式会社(本社:愛知県名古屋市、 社長:加藤喜昭 以下ACC)、株式会社エィ・ダブリュ・ソフトウェア(本社:北海道札幌市、 社長:伊藤康伸 以下AW-SW)の4 社は、グループ内で車載ソフトウェア開発を担当するACC とAW-SW の経営統合に向けた検討を始めることに関して、基本合意したと発表した。

アイシングループは、2017 年4 月からバーチャルカンパニー(VC)体制を導入し、緊密なグループ連携体制を構築。情報・電子領域においても、グループの総力を結集して「CASE」への対応を加速、強化すべく、リソーセスシフトによる効率化やグループ内の技術交流を進めている。

今回の2 社の統合は、グループ内のソフトウェア専門会社を一元化することで効率的な開発体制を構築することに加え、電動化や知能化、コネクティッドに対応するソフトウェアの開発、実装スピードの加速、品質・スキルの向上が目的。今後4 社で詳細を検討し、2019 年10 月の経営統合を目指す。

社名 アイシン・コムクルーズ株式会社 株式会社エィ・ダブリュ・ソフトウェア
本社所在地 愛知県名古屋市中村区名駅4 丁目4 番地10 名古屋クロスコートタワー3 階 北海道札幌市厚別区下野幌テクノパーク2 丁目1 番地6
設立 2007年2月 1996年12月
資本金 9,000 万円 2,000 万円
売上高 82 億円(2018 年3 月期) 41 億円(2018 年3 月期)
従業員数 521 名(2019 年3 月時点) 175 名(2019 年3 月時点)
事業所 4 ヶ所(刈谷2 ヶ所、盛岡、福岡) 1 ヶ所(岡崎)
事業内容 自動車用機器組込みソフトウェアの開発・評価 カーナビゲーションシステム用アプリケーションソフト・地図データベースの開発

おすすめ記事