パイオニア、ビークルアシストが「docomap Eye」に採用 事故削減や安全運転の推進を図る

業界ニュース

パイオニアは4月22日、同社のクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」が、ドコマップジャパン(東京都港区、代表取締役 浦島一裕)の車両位置情報管理サービス「docomap Eye」に採用されたと発表した。

ドコマップジャパンの「docomap Eye」は、GPS で捕捉した配送車両の位置情報を同社のサーバーに集約し、国内全域で空車になっている配送車両の位置をリアルタイムでマップ上に表示するクラウドサービス。物流の需要と供給を媒介することで、一般的に約30%といわれている運送業界における平均空車率の低減を目指す。

この「docomap Eye」に運行管理クラウドサービス「ビークルアシストAPI」および「通信ドライブレコーダー」を連携させることで、リアルタイムな配送車両の位置、状況把握に加え、各車両の危険運転などの走行状況を録画した映像の確認が可能となり、事故削減や安全運転の推進を図る。

 

(配送車両の位置・状況把握(左)や、ドライブレコーダーで撮影した映像確認(右)が可能)

おすすめ記事