SUBARU、新型アウトバックを世界初公開

自動車 業界ニュース

SUBARUは、2019ニューヨーク国際オートショーで新型「アウトバック」(米国仕様)を世界初公開した。

6代目となる新型アウトバックは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」というコンセプトのもと、歴代モデルが培ってきた価値に最新の技術を組み合わせることで、さらなる進化。

エンジンは低回転域から力強いトルクを発生する2.4L水平対向4気筒直噴ターボエンジンと、直噴化により効率を高めた2.5L水平対向4気筒エンジンの2種類を搭載。車体剛性を最適化するスバル・グローバル・プラットフォームと組み合わせることで、動的質感を更に向上させている。

また運転支援システム「アイサイト」には、車線中央維持制御・先行車追従操舵制御を追加。安全運転を支援するドライバーモニタリングシステムも組み合わせることで、安心感をさらに高めている。

エクステリアはスピード感のあるシルエットに、厚みを強調したボディパネルや力強さを増したクラッディングを組み合わせることで、一目見ただけで感じられるアクティブさとタフさを表現。インテリアは、11.6インチ大型ディスプレイを備えたインフォテインメントシステムを採用し、フラッグシップならではの質感に、革新的な機能性を加えることで、より快適でより愉しい移動空間としている。

なお新型「アウトバック」(米国仕様)は2019年秋から販売を開始する予定としている。

おすすめ記事