ダイナ、トヨエース2t積系を一部改良

自動車 新車情報

トヨタは、ダイナならびにトヨエース2t積系を一部改良し、5月7日に発売する。

今回の一部改良では、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いやアクセルの踏みすぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)、積荷などで妨げられる後方視界をサポートするバックカメラ&デジタルインナーミラー、夜間の視界をより明るく保つLEDヘッドランプを標準装備し、安全装備を充実。

このほか、新デザインのカラードフロントグリル、大型化やカラーの液晶ディスプレイとしたことにより視認性を高めた4.2インチカラーTFTマルチインフォメーションディスプレイやハンズフリー通話機能付のオーディオ(AM/FM・USB・Bluetooth)を標準装備するなど、魅力を高めている。

さらに、環境性能では車両総重量7.5t超に加え、新たに7.5t以下のディーゼル車、ディーゼルハイブリッド車にも尿素フリーの高性能触媒DPR-Ⅱ(尿素不要のNOx浄化用触媒システム)を搭載することにより、すべてのディーゼルエンジン搭載車が「平成28年排出ガス規制」に適合した。

またTECS(メーカー完成特装車)においては、ベース車と同様の改良を施すとともに、街中の駐車場に停めやすいボディサイズで、庫内を明るく照らすLEDランプを標準装備した冷凍車を新設定するなど、ラインアップを充実させている。

おすすめ記事