トヨタ、上海国際モーターショーでC-HR/IZOAのEVモデルを世界初披露

自動車 イベント
IZOA

トヨタは、4月16日に開幕した中国の上海国際モーターショーで「C-HR」/「IZOA」の電気自動車(EV)を世界初披露した。両EVモデルは、トヨタブランドとして中国初投入となるEVで、2020年に販売を開始する。

このほかにもトヨタブースでは、中国初披露となるRAV4ならびにアルファード/ヴェルファイアのハイブリッド車(HV)や、2019年3月から販売を開始した「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)、中国の研究開発拠点であるTMECで開発した「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト車「RHOMBUS」など、様々な電動車を披露した。

また、燃料電池自動車(FCV)についても、同社の吉田守孝副社長はプレスカンファレンスで「2017年から中国で燃料電池車MIRAIの実証実験を開始しており、その他、FCコースターの中国導入など、様々な検討を進めていく」とコメントした。

RHOMBUS

トヨタは、中国で初披露した「C-HR」/「IZOA」のEV 2車種を皮切りに、2020年代前半にはグローバルで10車種以上のEVの展開を予定。2030年「グローバル電動車販売550万台以上」の目標に向けて電動車普及を進めていく。

おすすめ記事

Tagged