JapanTaxi、「メルペイ」での支払い可能に

業界ニュース
JapanTaxi タブレット

タクシーアプリ『JapanTaxi』を展開するJapanTaxi 株式会社は4月15日、JapanTaxi タブレット搭載⾞両において、株式会社メルペイが運営するフリマアプリ『メルカリ』のスマホ決済サービス『メルペイ』のコード決済への対応を発表した。

JapanTaxi では、タクシーのキャッシュレス化を進めるべく後部座席設置型タブレット『JapanTaxi タブレット』の展開を2017 年より実施し、現在は⽇本交通をはじめとする、全国9 都市(北海道・東京都・千葉県・埼⽟県・神奈川県・京都府・⼤阪府・兵庫県・福岡県)のタクシー⾞両約1 万台に搭載されている。

今回の対応により、従来からのQR コード決済に対応する『広告タブレット』と、クレジットカードや交通系IC など複数決済に対応する『決済機付きタブレット』の2 種類に加え、『メルペイ』の使用が可能となる。

このメルペイは、フリマアプリ『メルカリ』で利⽤できるスマホ決済サービス。メルカリの売上⾦の他、普段利⽤している銀⾏を登録しメルペイに残⾼をチャージすることで、スマートフォンを用いてお店やメルカリで買い物が可能。⾮接触決済サービス『iD』、コード決済のいずれも対応している。

利用方法は、目的地到着後にタブレット上に表⽰される決済⽅法の⼀覧からメルペイを選択し、⾃⾝の『メルカリ』アプリ内の『メルペイ』タブから、「コード払い」を選択すると表⽰されるQR コードを、タブレットのカメラで読み取ることで⽀払いが可能となる。

おすすめ記事