FCAジャパン、Fiat 500X改良 デザインの刷新とともに新世代エンジンを初採用

業界ニュース 新車情報

FCAジャパンは4月10日、「Fiat 500X」(フィアット・チンクエチェント エックス)の一部改良を発表し、5月18日から発売する。

今回の改良では、フロント周りを中心にエクステリアを刷新したほか、フィアット初採用となる新世代エンジンを搭載。さらに装備と価格の最適なバランスを追求した。国内には、300万円を下回るエントリーモデル「500X」と、装備を充実させた「500X Cross」の2タイプを導入する。各モデル共に1.3ℓターボエンジン、6速デュアルクラッチトランスミッション、前輪駆動方式を採用した。

パワートレーンは、新世代のオールアルミ製1.3ℓ直列4気筒 “FireFly”ターボエンジンを搭載。燃焼室形状の最適化や、FIAT独自技術であるMultiAirの進化により、最高出力は従来モデル比で11ps増の151ps、最大トルクは20Nm増の270Nmを発揮する。さらに燃費は従来の1.4ℓターボエンジンに比べて約10%向上させた(欧州計測参考値)。

エクステリアは、前後バンパーが一新され、SUVらしさを強調するクロススタイルを採用し、親しみやすいデザインの中にも力強さを表現した。デイタイムドライビングライト及びポジショニングライトは上下で分割され、FIAT 500ファミリーのシンボルである「500」のロゴをモチーフにしたデザインを採用した。
また、500X Crossでは、新デザインのヘッドライトのほかドライビングライトやリアコンビネーションランプをLED式へ変更している。

装備面では、レザーステアリングホイールや前席シートヒーター、クルーズコントロール、デュアルゾーン式フルオートエアコン、Apple CarPlayおよびAndroid Autoに対応した7インチタッチパネルモニター付のインフォテインメントシステムUconnect®、クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報、車線逸脱警報、リアパーキングカメラなど、日常の運転に不可欠な快適・安全装備を全車標準採用している。

さらに500X Crossでは充実した装備を採用。LEDヘッドライトやレザーシート(前席8ウェイパワーシート付)、パドルシフト、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター、フロントパーキングセンサーなど、長距離でも快適にドライブを楽しめる機能が充実している。価格は500X(受注生産)が2,980,000円、500X Crossは 3,340,000円。

おすすめ記事