ボルボV40の特別仕様車「V40 T5 R-Design Final Edition」を50台限定発売

自動車 新車情報
専用装備で満たされたインテリア

ボルボ・カー・ジャパンは4月11日、プレミアムショートワゴンV40の特別仕様車「V40 T5 R-Design Final Edition」を発表し、同日から50台限定で発売開始した。

このモデルは、V40のスポーティグレード「V40 T5 R-Design」をベースに「パノラマ・ガラスルーフ」、「リア・シートヒーター」を特別装備した特別仕様車。

エクステリアは、「R-Design」の特徴であるシルクメタルフレームのフロントグリルをはじめ、ディフューザーやデュアル・スポーツテールパイプなどを装備する。インテリアは、本革 / パーフォレーテッドレザー・コンビネーションシートや専用テーマカラーの液晶デジタルメーターパネルに加え、専用のアルミニウム・パネルやフロントドアにスカッフプレートなどが施されている。

足回りには強化フロントダンパーとモノチューブリアダンパーを採用し、スプリング剛性を高めることによって、より鋭いハンドリングとステアリングレスポンスを得られるようにチューニングされた専用のスポーツ・サスペンションを採用している。

搭載するT5「Drive-E 2.0リッター 4気筒直噴ガソリンターボエンジン」は、180kW(245ps)の最高出力と、350Nmの最大トルクを1,500rpmから4,800rpmの幅広い回転域で発揮する。

また、先進安全・運転支援機能では、他のV40シリーズと同様に「歩行者エアバッグ」をはじめ、「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」、「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」など、11種類以上の先進安全・運転支援機能「IntelliSafe(インテリセーフ)」を標準装備する。

おすすめ記事