三菱自動車、コンセプトカー『MITSUBISHI e-Yi CONCEPT』をアジア初披露

業界ニュース イベント

三菱自動車は4月9日、中国 上海で4月16日から25日まで開催される第18回上海国際モーターショーに “Urban Ambitious Life” をブーステーマに出展すると発表した。また、中国での車両生産・販売合弁会社である広汽三菱汽車有限公司(以下、広汽三菱)とも共同で出展する。

三菱自動車ブースでは、電動化技術をはじめ、4WD技術、先進運転支援(ADAS)技術、コネクテッドカー技術などを備えた次世代クロスオーバーSUVのコンセプトカー『MITSUBISHI e-Yi CONCEPT(イーイーコンセプト)』をアジア初披露するほか、中国現地生産車である『エクリプス クロス』『アウトランダー』を出品する。

また、広汽三菱ブランドとしては、昨年発売を開始した電動車SUV『祺智(チーツー)EV』と『祺智(チーツー)PHEV』の2台を出品。「今までより一歩先に踏み出してみたい」「もっと遠くまで行ってみたい」というドライバーの好奇心と探究心をかき立てる。

アジア初披露となるイーイーコンセプトは、ツインモーター4WDのPHEVで同社のブランド・メッセージ “Drive your Ambition” を具現化したモデル。電気とガソリンで走るPHEVならではの長い航続距離と、どんな気象条件や路面状況でも自信をもってドライブできる高い走行性能や耐久性を備えている。さらに、優れたパッケージングによる3列シートの採用により、多人数乗車と多彩な収納も両立した。

おすすめ記事