メーカーの枠を超え80年代を彩った名車を7台展示 オートモビルカウンンシル2019

イベント イベント国内

国内外のヘリテージカー約120台を一堂に揃えた「オートモビルカウンシル2019」が4月5日~7日まで千葉県・幕張メッセで開催された。

国内メーカーの新たな取り組みとして、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、SUBARU(スバル)、レクサスが「百花繚乱80`s」をテーマに共同出展とした。ブースには80年代に人気を集めたトヨタ・カリーナED、MR2、日産・フェアレディZ、ホンダ・シティカブリオレ、スバル・アルシオーネ、スバル・レガシィツーリングワゴン、レクサス・LS400の7車種が展示された。

この企画展示は、トヨタが昨年のオートモビルカウンシルで掲げた「メーカーやブランドの垣根を越え、クルマを愛するすべての皆さまとともに、ヘリテージを尊び、人とクルマの未来を見据え、日本の自動車文化を育んでいきたい」という想いに各社賛同し、実現したもの。ブースには80年代の雰囲気を伝える写真も展示され、車両とともに出展テーマである「百花繚乱80’s」を演出していた。

トヨタ博物館の増茂浩之副館長は「80年代は、独創性や品質などで欧米メーカーに追いつけ追い越せという努力が開花した、日本車にとって非常に重要な時期だった」と、当時を振り返るとともに「各メーカーの担当者同士が当時の話題で盛り上がって展示の準備が和やかなムードでしたが、対象が現行車だったら、みんな対抗心が出てしまうので展示が成立しないでしょう」という裏話を披露。「来年はさらに多くのメーカーに賛同していただき、充実した展示にしたいと考えている」と展望を語った。

 

 

おすすめ記事