ブリヂストン、豪に鉱山ソリューション新拠点を開設

業界ニュース

ブリヂストンの豪州子会社で鉱山車両用タイヤとコンベヤベルト等の販売・サービスを手掛けるブリヂストン マイニング ソリューションズ オーストラリア ピーティーワイ リミテッド(BMSA)は4月10日、鉱山ソリューションの新拠点としてハンターバレー マイニング ソリューション センター(HMSC)を開設することを発表した。

HMSCでは、鉱山車両用タイヤの販売・保守・修理、リムの改修・修理、タイヤのフィッティングなどを組み合わせ、各鉱山事業者の現場オペレーションに即したソリューションを提供する。また、トラック・バス用タイヤを販売する同社グループ会社のブリヂストン オーストラリア リミテッドと協働し、鉱山内にとどまらず鉱物を輸出する港に至るまでの幅広い運送を支える、トータルモビリティソリューションを提供する。

また、「B-TAG」や「TreadStat」という同社グループが開発したデジタルツールを活用し、タイヤの空気圧・温度などのデータを測定・収集・解析することで、車両運行管理やタイヤ交換・ローテーションをはじめとする鉱山事業者の現場オペレーションの最適化を図る。

ブリジストングループは2017年11月、西オーストラリア州にピルバラ マイニング ソリューション センターを開設しており、HMSCは、同社グループで2番目のマイニングソリューションセンター。今後も、世界中の鉱山事業者へのニーズに迅速に対応できるようグローバルサービスネットワークを拡充し、鉱山ソリューションプロバイダーへと更に進化していくとしている。

おすすめ記事