遠藤徹の業界ココに注目!コンパクトハッチ市場が復活へ

コラム・特集

登録車の中心的な存在である1.0~1.5リッターエンジン搭載のコンパクトハッチが、2020年に向けて復活する方向にある。各社の主軸モデルが世代交代する方向にあり、これによる新型車効果が期待できるためである。2ボックス5ドアハッチバックレイアウトでボディサイズは小さいが室内が広く、小回りが効き燃費が良いのが最大の売りとなっている。

次世代モデルは様々なセールスポイントがあり、このことが新しい需要を掘り起こす要因になりそうな趨勢が感じられる。従来は搭載するエンジンがガソリンユニットだと1.0リッター、1.2リッター、1.3リッター、1.4リッター、1.5リッター等と細分されていたが、次世代モデルでは1.0リッターターボ、1.2~1.5リッターハイブリッド、クリーンディーゼル等、新開発ユニットが搭載される。

ハイブリッドは1モーター、2モーター、モーターアシストのマイルド方式等、様々なパワーユニットが登場しそう。ターボはダウンサイジングで高性能でありながら、低燃費志向で1.0リッター3気筒が主流になりつつある。小排気量になれば自動車税が安くなるメリットもある。

予防安全装備も、さらなる進化を遂げるのは必至である。自動ブレーキ、誤作動防止、検知機能、半自動運転等、技術開発競争は一段と加速する。低価格帯だけに、コストアップを抑えながらの開発であるから、各社の開発陣の腕の見せ所である。

ただ、コストはどうしてもアップするので、価格設定は全体的に高額シフトするに違いない。消費税引き上げがこれをさらに上乗せさせる働きをする。値引きを抑えたワンプライス販売の動きも再認識する必要がありそうだ。

遠藤徹プロフィール

専門分野はマーケット分析、商品戦略、販売戦略、執筆先:ベストカー、ドライバー、ザ・マイカー、カーアンドレジャー、その他週刊誌など。単行本執筆は約20冊