トヨタ、再エネ由来水素を製造・供給するステーションを元町工場に導入

業界ニュース

トヨタは、再生可能なエネルギーである太陽光発電の電力を活用し、水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充填装置「SimpleFuel(シンプルフューエル)」を愛知県豊田市の元町工場に導入したと発表した。

このSimpleFuelは工場敷地内にある太陽光で発電した電力を利用して、水の電気分解により低炭素水素を製造し、さらに圧縮・蓄圧した上で、燃料電池フォークリフト(以下、FCフォークリフト)に充填するまでの工程を一貫して対応できる水素ステーション。水素の製造量は、最大99Nm3/日(約8.8kg/日)で、FCフォークリフト7台~8台分の充填ができるとともに、サイズもコンパクトであるため、小さいスペースでも容易に設置でき、工場内でFCフォークリフトに充填する用途に適しているという。

現在、元町工場ではFCフォークリフトの導入拡大に伴い、2018年3月に水素ステーションを稼働中。今後の水素の需要増を見据えて、SimpleFuelの活用により供給面での対応を図り、元町工場におけるCO2排出削減に貢献するとともに、新たな技術や知見の蓄積を進めていきたいとしている。

また、工場でのCO2排出量削減に向けて、従来のエンジン式フォークリフトからFCフォークリフトに置き換えていく予定。元町工場においては2017年に2台、2018年に20台のFCフォークリフトを導入。2019年は環境省の「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(再エネ水素を活用した社会インフラの低炭素化促進事業)」を活用し、さらに50台追加したと発表した。

おすすめ記事