日産自動車、中国デザインセンターを上海に移転

業界ニュース

日産自動車は、世界に5拠点ある同社デザインセンターの一つ、「日産デザインチャイナ」を北京から上海へ移転すると発表した。

日産デザインチャイナでは引き続き、世界最大の自動車市場である中国をはじめ、世界各国の市場に向けたデザイン開発を行っていく。同センターは、デザインを通じて、より安全で持続可能性があり、様々なモノと繋がる、わくわくするようなモビリティを実現するクルマや技術を社会に提供することを目指すとしている。

日産は2005年に上海でデザインオフィスを開設。その後2011年に北京に日産デザインチャイナを設立し、2013年に規模を拡大した。移転先である上海の新デザインセンターには現在約50名のデザイナーが在籍し、2020年までに80名に増員することを予定している。

中国のデザインチームは、2013年公開のコンセプトカー「Friend-Me(フレンド・ミー)」と、これを基に作られた量産モデル、「ラニア」のデザイン行うとともに、中国汽車工程学会と協力して、中国の若手デザイナーの育成に取り組んでいる。

なお、同社の他の主要デザイン拠点は、日産グローバルデザインセンター(厚木市)、株式会社クリエイティブボックス(東京)、日産デザインアメリカ(サンディエゴ)、日産デザインヨーロッパ(ロンドン)となっている。

おすすめ記事