日産、2018年度の国内販売でノートが登録車No.1を獲得

業界ニュース

日産自動車は、同社の「ノート」が2018年度(2018年4月-2019年3月累計)の販売で、13万1760台を記録し、国内の登録車販売ランキングで第1位を獲得したと発表した。

年度の登録車販売で第1位を獲得したのは、1968年度に1位となった「ブルーバード」以来、50年ぶりとなる。また、ノートは、2018年暦年(2018年1月-12月累計)にも、統計史上初となる登録車No.1を獲得し、今回の年度累計における登録車No.1の実績は、それに続くものとなる。

ノートは2016年11月に追加した電動パワートレイン「e-POWER」が好評を博し、ノートを購入した約7割がe-POWER搭載車を選択しているという。

また、「セレナ」は、2018年度の国内販売で10万17台を記録し、ミニバンセグメントにおいてランキングNo.1を獲得。こちらも、2018年3月に追加したe-POWER搭載車が好評で、セレナとして初となる10万台超えの年度販売達成に貢献した。

星野朝子専務執行役員は、「ノートが、暦年に続き2018年度の登録車販売でNo.1を、そして、セレナが年間10万台の販売を達成し、ミニバンNo.1を記録したことを大変嬉しく思っています。“ニッサン インテリジェント モビリティ”は、今後も進化します。『技術の日産』は、電動化・知能化をさらに推進し、新元号を迎える日本のお客さまに、これからもご期待以上のワクワクをお届けいたします」とコメントしている。

おすすめ記事