メルセデス・ベンツ 新型Aクラスにクリーンディーゼルエンジン搭載モデルを設定

自動車 新車情報

メルセデス・ベンツ日本は、新型A クラスに、新しい直列4 気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載した「A 200 d」を追加し、予約注文の受付を開始した。なお、納車は 6月頃を予定している。

今回追加するA 200 dは、メルセデス・ベンツのコンパクトモデル群にとって初めてのクリーンディーゼルエンジンを搭載したモデル。すでに C クラスや E クラスで実績があり、優れた燃費性能を誇る直列 4 気筒クリーンディーゼルエンジン「OM654」をベースに、
横置きに対応したエンジンで、従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ
触媒(ASC)を備える SCR 触媒が増設されている。その結果、欧州で 2020 年から
施行予定の、EURO6d 規制や、ステージ 2RDE(実路走行試験)規制に前もって適合する
環境性能を実現した。

搭載される「OM654q」は、最高出力150PS・最大トルク320Nmと、コンパクトなボディを力強く加速させる性能を有しながら、低振動で高い静粛性を両立。組み合わされるトランスミッションは新開発の8速デュアルクラッチトランスミッション「8G-DCT」となり、様々な状況で最適なギアを選択することで、環境性能や動力性能に貢献する。価格は399万円。

おすすめ記事