BYD、小型電気バスを日本で販売

自動車 業界ニュース

電気自動車(EV)世界最大手である比亜迪(BYD)の日本法人 ビーワイディージャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:劉 学亮、以下 「BYDジャパン」)は、日本国内において初めて量産型小型電気バス「車両名称:J6[読み:ジェイシックス]」の販売を決定したと発表した。

2019年3月25日より先行予約を開始し、2020年春より納車を行う計画としている。

「J6」は比亜迪(BYD)初の日本仕様車として開発を進め、日本国内の小型電気バスで最長となる航続距離200kmの性能を有するほか、日本の市場ニーズに対応し、部品のモジュール化などの開発を行い、メンテナンスの効率性を向上させている。希望小売価格は1,950万円(税抜)に設定、2024年までの5年間で1,000台の販売を計画している。

なお同社では、今回日本仕様として開発した電気小型バス「J6」をベースに、自動化、VtoH(Vehicle to Home)、VtoG(Vehicle to Grid)、VtoV(Vehicle to Vehicle)の開発を進め、環境問題、高齢化による交通課題解消に貢献していきたいとしている。

おすすめ記事