SUBARU、シカゴオートショーで新型レガシィを世界初公開

自動車 イベント

SUBARU(スバル)は今年秋ごろ発売を予定している新型レガシィ(米国仕様)を、2019シカゴオートショーで世界初公開した。第7世代へと進化した同社のフラッグシップセダンは、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)に、水平対向4気筒2・4ℓ直噴ターボと、同2・5ℓNAの2種類を搭載。車体剛性を高めることで、従来からの優れた動的質感さらに進化させた。また、運転支援システム〝アイサイト〟には、米国仕様初の車線中央維持制御・先行車追従操舵制御を追加。ドライバーモニタリングシステムも搭載され、さらに安心感を高めている。

《シャシー&ボディ》

従来型に比べ各部の剛性を飛躍的に高めたSGPの採用により、ステアリング操作に対する正確なレスポンス、快適な乗り心地、静粛性の高い室内空間を実現した。

あらゆる路面状況で安定した走りを実現する同社独自の全輪駆動システム、シンメトリカルAWDを全車に採用。前述2種類のエンジンには、変速比幅を更に広げ、油圧システムの刷新で駆動力の伝達効率を高めたリニアトロニック(CVT)を組み合わせ、高い燃費性能と走行性能を両立させた

《便利で快適な革新的装備》

センターコンソールには11・6インチのフルHD縦型ディスプレイを持つ、最新型インフォテインメントシステムを採用した。大画面に集約した様々な情報は、スマートフォンと同じ感覚で快適に操作できる。

スバルスターリンクを拡充し、新たにスマートデバイスリンクに準拠したアプリにも対応。スマートフォンのOSを問わず、多様なアプリの体験を提供できる。

ドライバーの居眠りや脇見運転検知に加え、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録したドライバーごとに自動調整するドライバーモニタリングシステムも採用された。

《質感を高めたインテリアとエクステリア》

最上級グレードのシートに、タンカラーのナッパレザーを同社で初めて採用した。また、拡大したフロントガラスと、インストルメントパネル中心部からドアパネルまで連続する長い線のモチーフにより、伸びやかで開放的な雰囲気を表現した。

フロントガラスを前方に、フロントドアガラスを外側に広げることで、クラストップレベルの視界を実現。従来型より全長を伸長させ、後席と荷室伸長に割り当てることで、後席の快適性と荷室の使い勝手を向上させた。

エクステリアは、同社共通のデザイン〝ダイナミック×ソリッド〟をレガシィのキャラクターに適応させ、今にも走り出しそうな動きを感じさせるプロポーションと、厚みを活かしたたくましさを作り出し、存在感のあるセダン像を表現した。

【主要諸元(米国仕様)】
全長4840㎜▽全幅1840㎜▽全高1500㎜▽ホイールベース2750㎜▽最低地上高150㎜▽エンジン最高出力[ターボ]260馬力/5600rpm[NA]182馬力▽同最大トルク[ターボ]277ポンド[NA]176ポンド▽燃料タンク容量70ℓ

おすすめ記事