「ジャパンインターナショナルボートショー2019」開催迫る!マリンレジャーの魅力を発信

業界ニュース イベント

日本マリン事業協会(JMIA、柳弘之会長)は2月13日、国内最大のマリンイベント「ジャパンインターナショナルボートショー2019」を3月7日から10日までパシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナで開催すると発表した。(写真右:柳会長(中央)と18年ミス日本海の日の山田麗美さん(右)、19年同の高橋梨子さん)

今年は230社・団体が出展し、ボートやヨット、水上オートバイ等の最新マリン製品が一堂に集結する。(会場写真は全て昨年開催時のもの)

毎年二つの会場で開催される同イベントは、マリンレジャー初心者からベテランユーザーまで楽しめる多彩なプログラムを展開。今回は、免許がなくてもボートドライビングを体験できる操船体験(有料)をはじめ、10億円の豪華クルーザー公開見学、横浜の夜景を堪能できるナイトクルーズパーティー(有料)、ファミリーで楽しめるマリンキッズプログラム等を開催し、幅広いマリンレジャーの魅力を発信する。


(パシフィコ横浜会場)

パシフィコ横浜会場では、約250隻のボートやヨット、水上オートバイの展示を中心に、ボート免許やボートの保管方法、保険等、これからマリンレジャーを始めようという方に必要な情報を揃えた。一方、フローティング展示が行われる横浜ベイサイドマリーナでは、出展艇最大となる全長約22mのボートをはじめ、53隻の大型ボートやヨットを係留展示。さらに毎年好評の東京湾航海講座に加え、セーリング体験や操船レッスン等の充実した体験プログラムも用意されている。なお、体験プログラムはボートショー公式サイトから事前予約制(有料)となっている。


(横浜ベイサイドマリーナ会場)

日本マリン事業協会の柳会長は「今年はよりマリンレジャーの魅力を発信するためJMIAのアンバサダーとしてラグビーの五郎丸歩選手を迎えるとともに、子供や若者にボートや海と触れ合う機会を作っていく。また、イベントの来場者数は昨年5万3400名で4年連続増加、今年は5万5000名を目標として頑張りたい」と述べ、マリン市場拡大への意気込みを語った。

おすすめ記事