ジャパンキャピングカーショー2019 大盛況のうちに閉幕各メーカー・ビルダーから個性のある最新モデルが集結

レジャー キャンピングカー イベント

アジア最大級を誇るキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2019」が今年も幕張メッセ国際展示場ホール(千葉市美浜区)を会場に、2月1日~3日まで開催された。このイベントは、キャンピングカーメーカー/ビルダー各社が新型車や限定車を発表する場として定着しており、話題性の高さから毎年多くのキャンピングカーファンで賑わうイベントとなっている。300台以上が出展した今回のショーは天候にも恵まれ、3日間の開催で来場者は国内キャンピングカーイベントでは断トツとなる6万7848人を記録する盛況ぶりを見せた。

■新型モデルの発表が相次ぐ

 

最大規模のブースを展開したナッツRVは、国産キャブコン(キャブコンバージョン)のベース車として最大のシェアを持つトヨタ・カムロードに新設定のワイドトレッド・リヤダブルタイヤ仕様を展示。同仕様の「クレア」も披露され、特に業界関係者からの熱い視線を集めていた。ゆとりの積載量と走行安定性を求める層にはリヤダブルタイヤ、乗り心地と4駆設定を求める層にはシングルタイヤと、今後はユーザーの使い方に合わせた提案をしていくという。


また同社は今年、クオリティ向上をテーマに、全ラインアップをブラッシュアップ。ベルギー製の新しいシート生地やレザーの採用等をアピールした。
一歩先を行く提案力と、確かな技術力で定評のあるトイファクトリー。今年のショーの目玉となったのは、同社のベストセラーモデル「バーデン」と、国産大手家具メーカー「カリモク家具」とのコラボレーションモデルだ。揺らぎのある木目や風合い、天然目を使ったファニチャーは、シンプルながらも飽きのこないデザインで、一見の価値あり。限定生産ということもあり、ショーでも大きな反響を呼んでいた。また、スズキ・ジムニーの新しいベッドキット「テントカー」もアピール。会場では「いいね、これ欲しい」という声も多く聞かれた。

 

■軽キャンパーやエントリーモデルも大人気

 

M・Y・Sミスティックは、あまりの人気ぶりで納期まで約1年(!)かかるという軽キャブコン「レジストロ」とライトキャブコン「レジストロ・アウル」を出展。同モデルは、オリジナリティあるデザインやシェル形状、ちょうどいい広さの車室内等が、コンパクトタイプのキャンピングカーを求める層や女性ユーザーのニーズに合致。今やミスティックの主力モデルへと躍進した。同社の佐藤代表は「特徴あるデザインで目を引きますが、実は運転が本当に楽なんです。『キャンピングカーの運転って大変そう』というイメージを持っている方は、ぜひとも試乗してもらいたい」と話す。信頼の国内生産で、個別の相談にも柔軟に対応してくれるところも、ミスティックが選ばれる理由だろう。

バンコン(バンコンバージョン)の架装を得意とするバンレボは、新型車「MRバイブス」を出展。トヨタ・シエンタをベースに、ベッド展開が簡単に行えることに特化したレイアウトによって、普段使いと車中泊を気軽に楽しめる〝車中泊キャンパー〟を具現化したモデルとなった。

■オーディオメーカーやタイヤメーカーも出展

パナソニックは、トヨタ・ハイエースをベースにしたバンコン(バンコンバージョン)との親和性が高い、大画面カーナビステーション・ストラーダ「CN?F1XVD」と「CN?F1DVD」を展示。F1XVDを装着したホンダ・N?VANを体感した来場者からは「すごく見やすい」「地図が大きく見える」といった声が聞かれた。またブースでは、同社製品を活用したキャンプシーンをイメージ。キャンピングカーライフをより豊かにする魅力ある製品もアピールした。

ショー初出展となる日本ミシュランタイヤブースでは、キャンピングカー専用タイヤ「アジリスキャンピング」を出展。商用車用規格のタイヤより空気圧を高め、キャンピングカーに求められる高負荷域での常用を可能としたもので、来場者だけでなく各ビルダー・メーカー関係者からも注目を集めていた。


車両展示以外では、キャンピングカー関連商品・RVパーツ、キャンプ用品の展示即売、旅行情報コーナーも設置。さらに、このイベントはステージショーが充実していることも大きなポイントとなっており、今回は有名マジシャン、Mr.マリックさんによる実演パフォーマンスが披露され、〝ハンドパワー〟によって起こされる超魔術を目の前で体感できる絶好の機会となったようだ。

おすすめ記事