1/64スケール「マツダRX-7(SA22C)」がフレーム切手とセットで8月29日から限定発売!

自動車 業界ニュース

株式会社ワキプリントピア(所在地:神奈川県藤沢市、代表取締役:瀬戸口晃)が製造する「名車コレクションフレーム切手セットマツダサバンナ RX-7編」が、2018年8月29日(水)から全国202の郵便局と「郵便局のネットショップ」で販売を開始する。

サバンナRX-7(SA22C)は1978年3月、厳しい排ガス規制により冷え込んだスポーツカー市場に、初代コスモスポーツの意思を受け継ぐかたちで誕生した。

低くスムーズなボンネットのラインに、リトラクタブルヘッドライトを収め、12A型ロータリーエンジンを搭載したサバンナRX-7は、操縦性の基本となる前後輪への重量配分を50.7:49.3という理想的なものにして、フロント・ミッドシップならではの運動性を実現。1979年のアメリカ・デイトナ24時間レースにおいて、初参戦でクラス優勝という快挙を成し遂げ歴史に名を残し多くのモータースポーツファンを魅了した。

今回、誕生40周年の節目の年に満を持して「名車コレクションフレーム切手セット」シリーズのラインナップとして、1/64スケール初となるガンメタリックカラーの京商製ミニカーと「サバンナRX-7」の勇姿を納めたフレーム切手のセットが販売される。

【商品概要】
○商品内容: ・フレーム切手(62円切手×10枚)×1シート
・ミニカー(本体(SA22C 1/64スケール)、ケース、ミニカー用パッケージ、台座)×1セット
・特製BOX×1箱
○商品価格       : 3,800円(消費税込)
○限定数        : 5,000個
○商品詳細及び販売局情報: https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/frame/detail.php?id=754
○申込み方法      : 全国202の郵便局と、「郵便局のネットショップ」にて販売

おすすめ記事