剛性感を高めた走り マツダ・ロードスターRF 試乗記

試乗レポート

一昨年にフルモデルチェンジされたマツダ・ロードスターに、電動格納式ルーフを採用した「RF」が登場。ソフトトップモデルとは一味違うクーペを思わせる流麗なスタイリングが注目を集めるが、2・0Lエンジンによる走りも魅力のひとつとなっているモデルだ。

RFとはリトラクタブル・ファストバックの略で、ルーフを開けてもリヤデッキが残るタルガトップのようなスタイルを実現。これによって、オープンエアドライブによる爽快感を確保しながら、ルーフを閉じた時はソフトトップにはない一体感と美しいボディラインを生み出している。

ルーフの開閉はスイッチのみで約13秒で開閉し、時速10㎞未満であれば動きながら操作もできる。時速80㎞程までなら、風の巻き込みもほとんど感じることなくドライブを楽しめる。オープン時の開放感はソフトトップに譲るものの、絶妙な包まれ感と安心感を持つRFのスタイルが好みという人も多いのではないだろうか。

また、ボディ各部に施された遮音材などによって、ルーフを閉じた時の静粛性は高い。ロードノイズやホイールハウスからのこもり音も最小限に抑えられており、快適性ではソフトトップを上回る。ルーフの開閉はスイッチのみで約13秒で開閉し、時速10㎞未満であれば動きながら操作もできる。時速80㎞程までなら、風の巻き込みもほとんど感じることなくドライブを楽しめる。オープン時の開放感はソフトトップに譲るものの、絶妙な包まれ感と安心感を持つRFのスタイルが好みという人も多いのではないだろうか。

また、ボディ各部に施された遮音材などによって、ルーフを閉じた時の静粛性は高い。ロードノイズやホイールハウスからのこもり音も最小限に抑えられており、快適性ではソフトトップを上回る。

今回試乗したのは6速MT車で、RFにおいてもショートストロークでリニアなシフトフィールという持ち味はそのまま。自分が思い描いた通りにクルマを操れる感覚はまさにMT車ならではのものだが、ロードスターを運転すると思わず無駄にシフトワークを楽しみたくなるほどワクワクさせてくれる。

RFでは搭載するエンジンを1・5Lから2・0L(最高出力158PS/最大トルク200Nm)に変更。低回転から良好なトルクと加速性能を発揮し、車重増加を感じさせない走りを見せつつ、高回転域までの淀みのない吹けあがりという特性は失われていなかった。

一方で、コーナーをヒラリと舞うような軽快感が持ち味だった走りは、電動ルーフの搭載による約60㎏の増量に加え、車両各部に補強を行なったことで、がっちりとした剛性感のあるものに仕上がっていた。

カスタマイズが楽しめるベースグレードから走行性能を高める専用装備を備えるグレードに加え、二つのボディタイプも揃ったロードスター。嗜好や環境にあわせた最適なモデルを選べる楽しみが、RFの登場によって一層増したと言えるだろう。

おすすめ記事

Tagged