ライトウェイトの良さとパワフルな走りを両立 アバルト・124スパイダー 試乗記

試乗レポート

アバルトブランド初となるオープンスポーツ2シーター「124スパイダー」は、マツダ・ロードスターの構造をもとにデザイン、パワートレーン、室内装備・素材、サスペンション、ステアリングフィールはFCAが開発。生産はマツダ本社工場で行なわれる、インポートブランドでも〝国産〟となるスポーツモデルだ。

エクステリアは、縦置きエンジンであることを主張するボンネットのふくらみや、リヤの4本出しマフラーなどが熱い走りを予感させる。基本構造はロードスターと共有する部分が多いが、デザイン面では明確に個性を表現している。また、足回りにはビルシュタイン製ショックアブソーバー、ロードスターにはないブレンボ製フロントブレーキキャリパーを標準装備し、運動性能を高めている。

パワーユニットは直列4気筒1・4Lマルチエアターボエンジン(最高出力170PS/最大トルク250Nm)に、ミッションは6速MTと6速ATの2タイプを設定。マルチエアターボエンジンは吹け上がりが良く、回転が上がるほどにパワーが盛り上がる特性が痛快な加速性能をもたらすとともに、特に高速走行でその真価を発揮する。ライトウェイトスポーツらしい応答性の高いハンドリングの一方で、専用足回りによって重厚感のある走りが味わえる。

 

 また、高速走行でも、時速100㎞程度までなら風の巻き込みはあまり気にならないのも好印象。試乗当日は最高気温が一ケタ台だったと記憶しているが、温度を3段階で調節できるシートヒーターと強力なエアコンのおかけで、車内は快適な空間が保たれており、真冬でも快適なオープンエアドライブが楽しめた。

インポートブランドブランドでありながら〝国産〟のため、400万円以下で購入できる点も魅力的だ。

おすすめ記事

Tagged