【車屋四六】ライレイとラリーと森繁久弥

コラム・特集 車屋四六

名優森繁久弥が亡くなった/96才。ガキの頃からのファンだから何か寂しい。親しくはないが、共通の趣味のヨットハーバーで、またラリーで会ったこともあり、気さくで楽しいオッサンで「女優はネおシリをさわると喜ぶよ」などと云っていた。

たぶん54年(昭29)頃の写真だろう、場所は明治神宮絵画館を遠くに見る有名な銀杏並木の通り。颯爽と車に乗り込むのは、若き日の森繁久弥である。

さあこれから出発というJAA主催ラリーのスタート風景の一齣。此処はラリーの出発点によく使われた所で、私が日本ベストドライバコンテストで優勝した時の深夜のスタートも此処だった。

俳優とは不思議なもの。私生活でも人に見られているからだろうか、何気ない仕草がサマになっているし、まして名優ともなれば存在感も充分だ。車に乗り込む姿もスマートだし、格好良いが、本人、意識してはいないだろう。鍛え上げた芸が身に染みついて、ふとした動作にも出てくるのだろう。

過激なのもある一方で、昔のラリーには家族や友人で楽しむラリーもあった。目的地に着くまでの間に、与えられた課題をこなし、楽しく点を競うというものである。

昭和20年代は、駐留軍は治外法権的扱いの時代だから、虎の威を借りる狐ではないが、東京大阪間ミレミリアなんてうそぶく、日本橋を出発→京都まで8時間台、というような乱暴なロードレースも行われていた。

この日のJAAラリーは遊び要素が強いもので、参加者の中に森繁久弥もいた。彼の愛車は英国製のライレイ・パスファインダー。クラシックな姿が魅力的なフォードアサルーンである。

50年代ライレイは、赤坂溜池31番地の日英自動車が、ウーズレイ、モーリス、MGと共に輸入していたが、ライレイには1500㏄と2500㏄の二種類がある。

1951年型:英国車らしい二色の色と塗り分け。左右曲面部と3枚の革を縫い合わせたルーフ。ドア内張とシートは茶色の革仕上げ。

ヨーロッパではライレイと云えば高性能を連想した。というのも、30年代のライレイのスポーツカーは、レースやヒルクライムで活躍、有名なブルックランズでも勇名を馳せた車だからだ。

そんなスポーツカーのメーカーが、スポーツカー造りを辞めたのには理由がある。39年に、ナッフィールドグループの傘下に入ったのが原因である。

グループでは、高級車はウーズレイ、大衆車はモーリス、スポーツカーがMGと住分けていたので、新参のライレイには高性能サルーンというポジションが与えられたのである。

ということで、パスファインダーの売りは、中型のサルーンでありながら時速100マイル、160㎞をマークできることだった。当時、一般乗用車で100マイルは一つの壁であり夢だったのだ。

パスファインダーの諸元は、全長4648㎜、全幅1700㎜。直四OHVエンジンは、典型的なロングストローク型で、102hp/4400rpm。懸架装置は前輪Wウイッシュボーン/後輪は昔ながらのリーフリジッドアクスル。当然オーソドックスな後輪駆動=FRだ。四速シンクロメッシュの変速機は、床から直立した短いシフトレバーでクイックな変速操作ができた。

私が乗ったライレイ1500が古くなり解体した。革張りのルーフを剥がしたらアルミ合金製で、細かい穴がたくさん開けられて軽量化を果たしていた。

軽量化といえば、ルーフだけではなく、ボンネット、ドア、トランクドアも、みなアルミ合金で作られていた。私のライレイは53年型だった。

森繁さんのは塗装が黒だったように記憶するが、私のは濃い緑、いわゆるブリティッシュグリーンと呼んだカラーで、黒い革のルーフとのコンビがクラシックで惚れ惚れとする姿だった。

島康男は麻布小学校の同級生で、昭和30年代、40年代に活躍した写真家。英国製フォード・アングリアに乗っていたが、私の薦めで、綺麗な緑のパスファインダーを買って乗っていた。

写真家島康夫:森繁より5年ほど後らしくバンパーガードが異なりプレートが新規格で”3な2948″。東京だけ登録地名無し

おすすめ記事