最新プラットフォームを採用したボルボ新世代モデル第1弾 XC90試乗記

試乗レポート

最新プラットフォームを採用したボルボ新世代モデル第1弾として登場したのが、新型XC90だ。

ラインアップの最上位に位置するフラッグシップSUVとなるだけに、存在感は抜群。ボディサイズは全長4950㎜、全幅1960㎜、全高1775㎜で先代よりも一回り拡大され、プレミアムSUVらしい貫録に満ちている。

 

新世代モデルだけにボディの軽量化が図られているが、それでも大型SUVだけに車両重量も2トンを超える重量級。だが、これを排気量2Lのエンジンで走らせるというのが新世代のボルボ流である。過給機がプラスされるにせよ、いささか不安を感じるのは否めないが、実際に乗ってみればそれはまったくの杞憂であることがすぐに体感できる。

ちなみに新型XC90の基本ラインアップは2Lターボの「T5」、2Lターボ+スーパーチャージャーの「T6」、2Lターボ+スーパーチャージャー+モーターの「T8ツインエンジン」という構成。ベースエンジンはすべて同じで、グレードが上がるにつれて過給機やモーターが加わっていくというシステム。まるでピザのトッピングのようである。

特にユニークなのはプラグインハイブリッド(PHV)の「T8ツインエンジン」でも同じエンジンを搭載していることだ。PHVやHVの場合、モーターのパワーが加わる分、ガソリン車より小排気量のエンジンを搭載するか、アトキンソンサイクル化して燃費性能に振るものが多いが、ボルボは考え方が異なる。最高出力320psを発揮するパワフルなエンジンが前輪を駆動し、後輪はトルクフルなモーターが駆動することで、高い動力性能を実現している。

今回はターボ+スーパーチャージャーのT6と、PHVのT8に試乗してみたが、加速はT6でも十分満足できるレベル。低速域でのトルク感もあり、街中でもスムーズな走りが楽しめる。したがって、これを上回るパワーのT8は、まさに余裕の一言。街中から高速域まで不満を感じるシーンはない。遮音もきっちりと施されているため静粛性も高く、プレミアムSUVらしいラグジュアリー感が味わえる。

力のあるパワーユニットを搭載することもあり、全体の乗り味は軽快。ステアリングも軽く、運転中はクルマの大きさをあまり感じさせない。先代XC90はいかにもラージSUVらしい、ゆったり、どっしりとした走り味だったが、それとは大きく印象が異なる。扱いやすく、剛性感の高い足回りのおかげでコーナーでも気を使わずに進入できるのは、いかにも最新SUVらしいスポーティな感覚だ。

一方、室内の居心地の良さも特筆できるレベル。ボディサイズの拡大に伴って、室内空間も広くなり、2列目、3列目シートでも快適にくつろげる。たっぷりとしたシートの座り心地も良く、長時間のドライブでも快適。本格ミニバンほどではないが、それに準じた使い方も可能だろう。

 

そして、インパネ周りも大きく進化した部分。素材の質感にもこだわって上質さを大きく増し、プレミアムSUVらしい雰囲気に満ちている。また操作系も一新。中でも目を引くのはダッシュボード中央部の9インチモニター。タブレットを操作するようにタッチして、画面上でオーディオやナビ、エアコン、車両設定などを操作することができる。ホーム画面は3面あり、フリックして隣のホームに行くことができるので、スマホやタブレットを使っているユーザーなら違和感ないはず。ただし設定できるメニューが非常に多いので、慣れるまでは目的の機能を探し出すまでなかなか大変ではある。(鞍智誉章)

おすすめ記事

Tagged