安全性能に磨きをかけたWRX S4[試乗]

試乗レポート

スバルは約1年前にWRXをインプレッサから独立させ、スポーティな走りに特化したWRX STIと、幅広いユーザーに向けたWRX S4を設定した。S4は、高い走行性能と環境性能を両立しながら、アイサイトVer3を標準装備することで、走り・燃費・安全性の三つを高次元でバランスさせた欲張りなモデルだ。

パワートレーンは、水平対向4気筒2・0ℓ直噴ターボ[DIT]エンジンを搭載。300PSの高出力、400Nmの高トルクを発揮しながらも13・2㎞/ℓ(JC08モード燃費)の低燃費をマークしている。残念ながら今回の試乗では燃費性能を試すことは出来なかったが、パワフルな走りは充分に確認することができた。

試乗したのは上級グレードの2・0GT-S EyeSight。WRX STIに採用しているものと同じ、245/40R18のハイパフォーマンスタイヤを装着していた。オプション装備として選択できるが、選択した場合はサスペンションもタイヤの性能に合わせてチューニングされる。タイヤと足回りのカスタマイズがセットになったオプションだ。

さて、いよいよ走行開始。Dシェイプのステアリングやレッドステッチを施したシフトノブが手になじむのを感じながら、シフトをDレンジへ。走り出して最初に気づいたのは、アイサイトと連動した表示をLEDでフロントガラスに投影する、アイサイトアシストモニター。オプション装備のアドバンスドセイフティパッケージのひとつで、右側ワイパーの付け根あたりに3色で投影される。アイサイトの動きを目で確認できるので、安心感が高まり、運転に余裕が出る。

全体の乗り味は、しっかりとした足回りと剛性感の高いボディの組合せにより、やや硬質な印象。ステアリングレスポンスも良く、ステアリングの操作に対してリニアかつ正確な動きが爽快だ。もちろんパワーは十分。低速域から図太いトルクが発揮されスムーズで力強く、スポーティな走りを楽しませてくれる。それでいて低燃費なのだから、ロングドライブにも最適だ。

高い安全性能を誇るアイサイトVer3を搭載し、アドバンスドセイフティパッケージも展開。安心してスポーティな走りを楽しむことができる魅力的なクルマだ。

おすすめ記事

Tagged