V40/V60 新開発クリーンディーゼルエンジン「D4」搭載

試乗レポート

ボルボカージャパンは、新開発のディーゼルエンジンをV40、V40CC、S60、V60、XC60の5車種に搭載した。この新開発2・0ℓ4気筒に8ATを組み合わせたクリーンディーゼルエンジン「D4」は、最高出力190PS、最大トルク400Nmを誇るハイパワーエンジンで、同社史上最高の燃費性能を達成したという(国産1・5ℓガソリンエンジン並み)。

その話題のクリーンディーゼル搭載モデルV40とV60にさっそく試乗させてもらった。まず、コンパクトハッチバックのV40は、乗り出してすぐに図太いトルクを実感。アクセルペダルを少し踏み込むだけでグイグイと引っ張られるような軽快な加速を見せた。最大トルク400Nmといえば、ガソリンモデルのV60に搭載されているT6AWD(3・0ℓ6気筒ターボ)とほぼ同等のトルクなのだから、車両重量約1500㎏のV40が軽快な走りを見せるのは当然と言えば当然。また、剛性感の高いボディやステアリングの操舵感、座り心地の良いシートとの相性も良く、ストレスのない走りが楽しめた。

さらに、JC08モード燃費は20・0㎞/ℓの低燃費を実現し、自動車取得税と自動車重量税が免税、自動車税75%軽減のエコカー減税対象車なのでランニングコストを抑えられるのも嬉しいポイントである。

一方、V60はV40に比べ車重が約200㎏重いこともあり、出だしの軽快感はやや劣るが、低速域から感じる力強いトルクや高速域でのゆったりとした乗り心地はワゴンにピッタリな印象だった。車内の静粛性も高く、ロングドライブの相棒としてもふさわしそうだ。

V40、V60ともディーゼルエンジンのデメリットのひとつである大きなエンジン音は、停車時に車外にいれば少し目立つ程度だが、車内ではほとんど聞こえない。走行中でもディーゼルエンジンだと言われなければ気づかない人も居るんじゃないかと思えるほどだった。

ボルボカージャパンは、ディーゼルモデルとガソリンモデルの価格差を25万円に設定することで、年間走行距離1万㎞の場合は、エコカー減税なども含めれば3・2年で価格差の25万円を回収できるという。魅力的な走りに戦略的な価格設定で、ますます人気が高まりそうだ。

おすすめ記事

Tagged