新規会員募集中



トヨタ、新型「プリウス」に採用する先進技術を公開

最新の運転支援システムと次世代交通システムを紹介

 トヨタは、新型「プリウス」の発売時期を12月予定とし、採用する主な技術内容を公表した。

 今回発売される新型「プリウス」の開発コンセプトは、「Beautiful Hybrid(美しい地球・美しいクルマ)」で、先代からの環境性能をさらに進化させ、Toyota New Global Architecture(以下、TNGA)によるクルマづくりの構造改革を実施、一部グレードにおいて40km/Lの低燃費を実現するとともに、基本性能も大幅向上を目指している、とのことである。

 Toyota New Global Architectureとは、トヨタが全社を挙げて取り組む、クルマづくりの構造改革で、パワートレーンユニットとプラットフォームを刷新し、一体的に新開発することで、クルマの基本性能や商品力を飛躍的に向上させることを目指しているものである。

 新型「プリウス」は、エクステリアでは、ノーズ先端を70mm、フード後端を62mm低くしたTNGAによる低重心パッケージを採用し、従来型に対し全高を20mm下げ、ルーフピークを170mm前に出したほか、空力性能を高め、Cd値0.24を実現した。

 ボディカラーは、エモーショナルレッド、スティールブロンドメタリック、車体表面の温度上昇を抑える機能を持つサーモテクトライムグリーンの新規開発色3色を含む全9色を設定した。

 インテリアでは、“人にやさしいデザイン”を基本に、「表示系遠方・操作系手元配置」を基本に、インストルメントパネルを低い位置で薄く造形したほか、ステアリングホイールとフロントコンソールトレイにホワイト加飾を設定した。

 シートは、バネ特性やクッション特性の最適化や、シート内のクッションパッドの素材や厚みの工夫、着座時の接触面積の拡大などにより、快適性を向上している。

 また、最大熱効率40%を実現した1.8L改良型2ZR-FXEエンジンの搭載をはじめ、モーター、トランスアスクル、パワーコントロールユニット、駆動用バッテリーといったシステム全体で小型・軽量化を実現したほか、約20%の低損失化を図り、目標燃費はJC08モード燃費で40km/L(イチブグレード)としている。

 さらに、TNGAの思想に基づき環状構造の骨格を採用、低重心パッケージに加え、剛性を約60%向上させた高剛性ボディやダブルウィッシュボーンリヤサスペンションの新採用などにより走行性・快適性が向上している。

 安全面では、歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールなど4つの専心安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」や「ITS Connect」など先進安全技術を採用した。

 他にも、雪道での一般的な走行における発進をアシストすることにより、安定した走りを実現するE-Four(電気式4輪駆動方式)を開発し、プリウス初の4輪駆動として作用している。

 なお、新型「プリウス」は、2015年10月28日より開催の第44回東京モーターショー2015への出展を予定している。

  • 写真1
掲載日:2015/10/13

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他