新規会員募集中



スバル、「レガシィ アウトバック/B4」を一部改良

「アドバンスドセイフティパッケージ」を標準装備

 富士重工業は、「レガシィ アウトバック/B4」の一部改良を実施し、10月1日より発売することを発表した。

 今回の一部改良では、安全性能を強化する先進機能をパッケージ化した先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」を標準装備し、アイサイトでの前方検知に加え、レーダーシステムによる後側方の検知を可能とした。

 「アドバンスドセイフティパッケージ」には、死角検知機能や車線変更支援、後退時支援などの“スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)”、ルームミラー一体型の単眼カメラを新採用することで先行車や対向車を検知してヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替える“ハイビームアシスト(自動防眩インナーミラー付)”などが備えられている。

 インテリアにおいては、上級グレードの「リミテッド」にアイボリー内装(本革仕様)を追加、また、ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション(メーカー装着オプション)にSiri対応の音声認識機能「Siri Eyes Free」を対応させたほか、「リミテッド」に採用する「スタブレックス・ライド」の減衰特性見直しによる乗り心地向上やステアリングシステムの最適化による操舵感を向上させている。

 外板色では、新たに「ダークブルー・パール」が追加された。

 価格は消費税込で、「レガシィ アウトバック」:318万6,000円~345万6,000円、「レガシィ B4」:291万6,000円~313万2,000円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2015/09/10

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他