新規会員募集中



マツダ、タイの新パワートレイン工場で開所式を実施

海外初の一貫生産が可能に

 マツダは、タイ王国チョンブリ県に建設した新パワートレイン工場「Mazda Powertrain Manufacturing(Thailand)Co.,Ltd」(以下、MPMT)において、同工場の開所式を実施したことを発表した。

 開所式には、来賓としてマツダの小飼 雅道 代表取締役社長兼CEO、MPMTの川上 英範社長兼CEOはじめとする従業員や、タイ王国のマハー・チャクリー・シリトーン王女殿下を迎え、約500名が出席した。

 MPMTは、防腐工場(山口県防腐市)に次ぐ、マツダの海外初となるトランスミッション生産拠点として、本年1月より新型自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」を生産しており、生産能力は40万基で、MPMTで生産されたトランスミッションは、タイを始め、マレーシア、ベトナム、メキシコ、中国などに供給される。

 また、2015年第4四半期中にも量産を開始する予定のエンジン工場では、既に「SKYACTIV-D1.5」のパイロット生産に着手しており、タイにおいて、エンジンからトランスミッション、車両に至るまで「SKYACTIV技術」搭載車の一貫した生産体制が整うことになる。

 開所式に際し、マツダの小飼 雅道 代表取締役社長兼CEOは、「MPMTの稼動により、タイは、マツダにとって海外で初めて、車両、エンジン、トランスミッションの一貫生産を行う拠点となりました。マツダは今後も、タイの経済および自動車産業の持続的な発展に貢献できるよう、全力を尽くしてまいります」と述べた。

  • 写真1
掲載日:2015/08/07

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他