新規会員募集中



日産、シティフット ボール グループとグローバルパートナーシップを締結

グローバル サッカー ネットワークで初の協力

 日産とシティ フットボール グループ(本社英国、CEO:フェラン ソリアーノ、以下CFG)は、グローバルパートナーシップを締結することを発表した。

 これにより、日産は、シティ フットボール グループのオフィシャル・オートモーティブ・パートナーとなった。

 CFGが日産と結ぶ初めてのグローバルパートナーシップは、5年間の契約となり、CFGは、日産が株式の大多数を所有するサッカークラブ、横浜F・マリノス、バークレープレミアリーグチャンピオンのマンチェスター・シティFC、マンチェスター・シティ女子FC、ニューヨーク・シティFC、メルボルン・シティFCのネットワークの他に世界各地に事業所を持つサッカーに関するマーケティング会社を所有しているサッカーグループである。

 今回の日産とCFGのパートナーシップにより、日産はマンチェスター・シティ・フットボール・クラブのオフィシャル・オートモーティブ・スポンサーになり、同クラブの有名なエティハド・スタジアムで強力なブランド展開を実施するほか、世界中のCFG傘下のサッカークラブのサポーターを対象としたファンとの交流機会も提供するとのこと。

 本年5月には、CFGが日産の所有する横浜F・マリノスの少数株主となり、シティ・フットボール・サービス会社やシティ・フットボール・マーケティング会社を通して、CFGの持つ知識や専門性、サービスを横浜F・マリノスに提供するためにパートナーシップの締結を発表しており、今回の提携はこれに続くものである。

 日産の社長兼CEOのカルロス ゴーン氏は、「日産が横浜F・マリノスの歴史に関わってきたことに、非常に誇りに思っています。今、CFGと彼らの素晴らしいグローバルサッカーチームのネットワークの一員になる特権を与えられました。この革新的なパートナーシップは、日産のブランドをグローバルに拡大するための重要なプラットフォームであるサッカーの試合への投資を促進するものです。日産は、世界で最も売れている電気自動車を、世界で最も速い勢いで成長しているサッカーチームに提供いたします。これは、革新と革新を一対にして、世界中のお客様に日産とサッカーの両方の興奮とワクワクをお届けするものです。」と述べた。

 日産は、CFGとのパートナーシップは、すでに日産ブランドが公式スポンサー契約を締結しているUEFAチャンピオンズリーグ、2016年リオデジャネイロオリンピック、英国およびメキシコのオリンピックチーム、アフリカ・カップ・オブ・ネイションズ、NCAAフットボール、ハイズマン賞、カナディアン・フットボール・リーグの他、ウサイン ボルトやクリス ホイといったオリンピック金メダリストのスポーツ・アンバサダーへのスポンサー活動を通した、日産の世界的なスポーツへの貢献を拡大するものである、と述べている。

  • 写真1
掲載日:2014/07/17

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  スポーツ  その他