新規会員募集中



シトロエン、世界ツーリング選手権で優勝

中国人ドライバー初のFIA世界選手権 勝利

 シトロエン・レーシングは、ロシアのモスクワ・レースウェイで行われたFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)で、レース1、レース2とも優勝を飾った。

 レース1では、ポールポジションからスタートしたホセ・マリア・ロペス選手が、16週のレース中トップを守り、今季4勝目を飾った。

 4番手でスタートしたセバスチャン・ローブは1週目で3番手になりそのままゴール、6番手でスタートしたイヴァン・ニューラー選手は4位でゴールし、デビューレースとなったチンホワ選手は、9番手からスタートし、6位入賞した。

 リバースグリッドで行われたレース2では、チンホワ選手が2番手、ミューラー選手が5番手、ローブ選手が7番手、ロペス選手が10番手のスタートで、チンホワ選手は、7周目に首位がペナルティで脱線するとトップに浮上、ミューラーも8周目に2番手に上昇1-2フィニッシュを決めた。

 ローブは5位、ロペスはギアシフトのトラブルでスタートできず、リタイアとなった。

 今回のレースの結果により、シトロエンは、マニュファクチャラーズ選手権で502ポイントとし、ドライバーズ選手権でも1位ロペス、2位ミューラー、3位ローブと、シトロエンのドライバーが上位を占めている。

 ホセ・マリア・ロペス選手は、「ライバルが好スタートするだろうと思っていたので、ポールポジションでも油断は禁物でした。スタートで首位を保ち、その後は差を広げて勝つことができました。レース2はうまくいきませんでしたが、しかたがありません」とコメントしている。

 マー・チンホワ選手は、「まず、私の進歩に全力を尽くしてくれたチーム全員に感謝しています。選手権の途中から参戦するのは楽ではありませんでしたが、自分の役割を果たせるよう、懸命に努力しました。今後もこの調子でいきたいと思います」と述べた。

 イヴァン・ミューラー選手は、「予選は悔しい思いをしましたが、ロペスと同じポイントを稼ぎ、被害を最小限にとどめられました。レース2ではスタートで他のドライバーに当てられて残念です。終盤には挽回できましたが、マーを抜くにはあと数周必要でした」とコメントした。

 セバスチャン・ルーブ選手は、「レース1はガブリエーレ・タルクィーニの後ろを走っていましたが、彼はまったくミスをしませんでした。結局3位となりましたが、いい結果です。レース2での5位は理想的な結果ではありませんが、貴重なポイントを獲得できました」と述べている。

  • 写真1
掲載日:2014/06/09

この記事のカテゴリ:新着  業界  スポーツ  その他