新規会員募集中



トヨタ、2014年のモータースポーツ活動および支援計画を発表

各国や各地域に根ざした活動を推進

 トヨタは、2014年のモータースポーツ活動および支援計画を発表した。

 トヨタは、モータースポーツ活動をクルマの持つ「夢」や「感動」をお客様にもたらす大切なものと位置づけ、クルマを通じてお客様とより多くの「喜び」を分かち合うため、「LEXUS Racing」「TOYOTA Racing」を通じて、引き続き、各国や各地域に根ざした活動を推進する、と述べている。

 また、「GAZOO Racing」を通じて、メーカーの枠を超え、様々なフィールドでクルマ好きを増やし、モータースポーツの視野を広げることに取り組んでいく、さらに、モータースポーツには、人やクルマ・技術を鍛えるというもう一つの大事な狙いがあり、これらの活動を通じて、そこで育った人材や得られたノウハウを今後の「もっといいクルマづくり」に活かしていく、ともコメントしている。

 「LEXUS Racing」「TOYOTA Racing」では、ツ・マン24時間レースを含む「FIA世界耐久選手権(WEC)」、米国の「NASCAR」、国内トップカテゴリーの「SUPER GT」、「スーパーフォーミュラ」へ参戦するほか、「ダカールラリー」へ参戦するトヨタ車体を支援する。

 「GAZOO Racing」では、「GAZOO Racing ワクドキ ドライビング!」や「GAZOO Racing 86/BRZ Race」など、クルマ本来の魅力を楽しむ場を拡大するとともに、TRDラリーチャレンジなどへ協賛支援することで参加型モータースポーツの振興に貢献し、また、ニュルブルクリンク24時間耐久レースへも引き続き挑戦する。

 さらに、従来のファンのみならず、より多くの人にモータースポーツの素晴らしさを理解いただくために体制の強化を行い、モータースポーツに関する企画、参戦およびマーケティングに係わる機能を、モータースポーツ部からトヨタのグローバルマーケティングを担当する「(株)トヨタモーターセールス&マーケティング(TMSM)」に移管した。

 なお、これまでのモータースポーツ部は「モータースポーツユニット開発部」と改称し、技術開発と参戦支援に特化する。

 トヨタは、今後もトヨタ関連会社とともに、モータースポーツ活動を通じて、より多くの人にクルマの楽しさを、観て、知って、味わっていただく活動を進め、クルマ文化の発展に貢献していく、と述べている。

掲載日:2014/01/30

この記事のカテゴリ:スポーツ